« 【アプリ・プレゼント】第二回!来年こそTOEICスコアアップ♪ | トップページ | [TOEICチャレンジ]第三回プレゼント募集開始! »

2013年1月 5日 (土)

[TOEICチャレンジ]ヒロ前田コーチの☆TOEICリポート☆

あけましておめでとうございますsun

PRのトン子です。

今年こそ英語力をアップする!と決心した方sign03TOEICテストをペースメーカーにしてみませんかsign02

TOEICは英語力を判断する指標として日本の企業で広く用いられているテスト。スコアアップしておけば就職や昇進で必ず役立ちますhappy02

今ならTOEICのスペシャリスト、ヒロ前田コーチが指導するTOEICチャレンジ実施中です。

さて、来週日曜日1月13日のTOEIC公開テストを受験される方もいらっしゃるかもしれませんね。

shine2013年第1回目の試験shineの前に、最近のテストの傾向をチェックしませんかwink

毎回必ずTOEICテストを受験しているヒロ前田コーチから、前回129日第176TOEICテストの分析をおおくりしますsign03

workstationという名詞の意味は?

WH疑問文の問題を解くコツは?

臨場感たっぷりのリポートで、お休みモードから勉強モードにチェンジしましょうimpact

Hiro_fire_2 ヒロ前田コーチのTOEICリポート_________________

12月9日の第176回TOEIC公開テストは埼玉で受験しました。いつも通り、40パーセントは過去に出題された問題でした。以下、パート別に書いていきます。

パート1

とても標準的なパート1でした。人物が写っている写真がメインで、動作を中心に聞き取れば解答できるものが多かったです。ただし、1問はとても難しいもので、オフィスで仕事をしている人が数人写っていました。「選択肢の英語の意味が理解できない」と感じた人が多かったようです。鍵を握ったのはworkstationという名詞で、記憶が正しければ、この2年で3回目の出題でした。意味をヒトコトで言うのは難しいですので、ぜひ辞書で調べてみてください。

パート2

このパートはなかなか覚えられないのですが、特別な「異変」は起きていませんでした。WH疑問文はいつも通り前半に多かったです。13問のうち、確か8問が最初の10問に登場していましたので、ある意味、簡単ではありますが、言い換えると「文頭の疑問詞」を聞き逃すと解答不能状態になります。よって、全力で文頭を聞き取ることが何よりも重要でした。

パート3

予定通り(?)注文したイスは納品されませんでした。役員室のテーブルとイスを発注した人が、業者と電話で話していました。このような会話は、次のような流れになることが多いです。

1 問題が指摘される。何がどうなったのか。

2 相手が原因や理由を説明する。そして質問をする。

3 リクエストや解決策を出す。

4 結論が出る。

これらは、常に「設問」が狙うポイントです。例えば、Why is the woman calling? という設問に対して、正解はTo report a problem(問題を報告する)になりがち。

What does the man offer to do? に対してShip the order today(注文品を今日送る)のように。

全体的に、普段どおりのコンテンツが多かったです。

パート4

これも標準的でした。ラジオ番組のホストがゲストを紹介するトークも「定番」で

す。TOEIC国の住人になれば、最初の5秒を聞けば以下のことが予測できます。

1 今日はAさんがゲストです。

2 Aさんは、こういう人で、こんな経歴です。

3 今日のトピックはこうです。

4 では始めましょう

Aさんの経歴として、「過去に本を書いたことがある」といった情報が鍵を握ることが多いです。実際に、そうでした。

4は異なるバージョンもあり、「その前に天気予報です」というセリフで終わる場合もあります。

「究極の模試」のテスト2の最後にあるトークは「街の再開発計画の進捗状況」を伝えるニュースです。これの「元」となるトークも、このテストに出題されていました。

パート5

ボクが気づいた異変は1つだけです。確か、代名詞が出題されていませんでした。普通は、herとかthemselvesなどが正解となる問題が1つありますが、ゼロでした。

語彙レベルや問われた文法項目は極めて標準レベルで、特別な変化は無かったです。meticulouslyという副詞が久しぶりに正解として登場したので、懐かしかったです。この副詞は、いわゆる「難問の例」として、問題集に収録されることがありますが、ここ3年か4年くらいは正解として登場したことはなかったです。「何かを緻密に読む」(read it meticulously)という文脈だったと思います。

パート6

通常通り、各文書に1つか2つだけ「文脈型」の設問がありましたので、空所の前後だけを読んでも解答できませんでした。文脈型としては、「時制」「語彙」「接続副詞」という、定番の3種類が出題されていました。

パート7

文書の文字量は「普通に多かった」です。多くの受験者にとっては、やはり、制限時間内で全問を(きちんと考えたうえで)解答するのは厳しかったと想像します。

What is indicated about Ms. ABC? のように、選択肢を1つ1つ文書の内容と照合して解答するタイプは15問だったと思います。そのうち3問にNOTが含まれていたので解答が面倒でした。これは、この2年くらいの傾向と合致しています。

全体的にテストの実態を踏まえた問題集を使って準備すれば、特にビックリすることがない内容だったと思いました。ただし、単なる暗記ではなく、「アウトプットのためのインプット」を大切にしていってください。

____________________________________

ヒロ前田コーチのTOEICリポート、いかがでしたか。出題傾向に大きな変化はなかったようですね。テストの実態を踏まえた問題集で、しっかり勉強すれば来週のテストもきっと大丈夫happy01

頑張ってくださいねclover

diamondただいまヒロ前田コーチお薦めTOEIC対策アプリがキャンペーン中。詳しくはこちら

diamondTOEICチャレンジキャンペーンが目標としている3月17日のTOEICテストの申し込みも始まりました。皆さんもご一緒に3月の試験を目指して頑張りませんか?TOEC公開テストは主催団体のサイトから申し込むことができます。

« 【アプリ・プレゼント】第二回!来年こそTOEICスコアアップ♪ | トップページ | [TOEICチャレンジ]第三回プレゼント募集開始! »

TOEIC」カテゴリの記事

キクタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/48611257

この記事へのトラックバック一覧です: [TOEICチャレンジ]ヒロ前田コーチの☆TOEICリポート☆:

« 【アプリ・プレゼント】第二回!来年こそTOEICスコアアップ♪ | トップページ | [TOEICチャレンジ]第三回プレゼント募集開始! »