« [TOEICチャレンジ]目指せTOEIC900点!TOMAKIさんから、ヒロ前田コーチへの質問 | トップページ | ★英語学習はタイミング★年の始めは最高の時 »

2013年1月22日 (火)

[TOEICチャレンジ]ヒロ前田コーチのTOEICリポート☆第177回テストについて

今年こそTOEICで理想のスコアをGETしてみませんか? アルクは豊富なTOEIC対策アプリで皆さんのチャレンジをバックアップします。

さらに、特別企画としてTOEIC対策のプロ、ヒロ前田コーチのTOEICチャレンジ企画も進行中。さらにさらに、TOEICアプリ一挙セールも1月31日まで行っています。そう、新春のアルクデジタル編集部はTOEIC祭りshineなのです。

皆さんをスコアアップに導くヒロ前田コーチは徹底した実践主義。毎回TOEICテストを受験しています。ここでは特別に、ヒロ前田コーチの最新TOEICリポートをお届け!

それでは第177回TOEICテストのリポートをお届します。今回ヒロ前田コーチは、沖縄waveまで足を延ばして受験したそうですeye

各パートに対するヒロ前田コーチの詳細な振りかえりを読めば、TOEICにぐっと親しみが持てるはずです!

Hiro_fire_2 ヒロ前田コーチのTOEICリポート_________________

第177回TOEIC公開テストは2013年1月13日に実施されました。ボクは旧琉球王国で受験してきました。

(琉球王国とは? → http://bit.ly/aKnQaM

受験会場は琉球大学。そこは、琉球王国の拠点、首里城があった場所です。指導者仲間9名と一緒に受験したので、試験後の振り返りが容易でした。

では、振り返りましょう。

■パート1

相変わらず、超重要単語がたくさん出題されていました。誰でもなじみのある「コピー機」は、ただのcopierではなく、photocopierです。

ちなみに、copyという動詞には「理解する understand」という意味があります。相手の言った内容を理解するとは、自分の頭の中にそれを複写することに似ていますよね。

The man is selecting some XXXXX.

これは、要注意です。写真の中で、男性は野菜の山に手を伸ばしているだけでした。それを selecting と表現して適切かどうか? そんな悩みを持ってはいけません。

本来、正しく描写している選択肢が正解です。でも、実際のパート1では「不正解として通用しないならば、正解」なのです。

あの43歳(推定)のオッサンは、野菜を選んでいるのか?それとも、買う気ゼロで、肌触りを試したいだけなのか。そんな妄想は不要です。

「彼は野菜を選んでいる」を否定できるほどズレた写真ではない。よって、正解。そういう判断を求められます。

そうそう、たまに出る重要な動詞である strolling を知っていますか。「歩く」と言えば、walk ですよね。でも、パート1には、stroll も登場します。アルク(シャレではありません)の英辞郎 on the WEB で調べてみましょう。

stroll → http://eow.alc.co.jp/search?q=stroll

ついでに「アルク」も英辞郎で調べてみました(笑) なんと、一番上に登場したのは・・・。

※英辞郎はiPhoneアプリも無料DLできます。

■パート2

う~ん。すみません、パート2は、なかなか再現できません。

■パート3

もう、TOEIC国の住人であれば、「またコレだ」と思わせてくれる会話がいろいろ、ありました。
※TOEIC国の住人=広い英語界のTOEICという小国で使われる英語や、話題となるトピックを熟知する人のこと。この国の住人になると、TOEICの受験力がアップする。

女性「ランチタイムに新しくできたイタリアンレストランに皆で行こうよ。ディナーだけじゃなくランチも始めたんだよ」

さぁ、レストランです。しかもイタリアン。お決まりshineです。提案がなされました。男性はどう応じるか。

男性「いいね。でも、顧客に電話しないと。10分で済むけど、いつ出る?」

キターーー happy02

断って、その理由を述べました。男性がランチに行かない理由は重要な情報です。「あ、断った。じゃ、理由を聞くぞ!」という意識で会話を聞くのが大事なのです。

さぁ、男性は女性に「いつ出る?」と質問しました。質問に答えない人は、TOEIC国にはいません。

女性「今出るところだったけど、出発が遅れるなら待つわ。他のメンバーにはあなたが遅れることを連絡しておくね」

女性は応答し、さらに追加情報を述べていますね。

さて。

どのような設問を作りますか? ちょっと考えてみてください。

会話を再掲載すると↓

 女性「ランチタイムに新しくできたイタリアンレストランに皆で行こうよ。ディナーだけじゃなくランチも始めたんだよ」

 男性「いいね。でも、顧客に電話しないと。10分で済むけど、いつ出る?」

 女性「今出るところだったけど、出発が遅れるなら待つわ。他のメンバーにはあなたが遅れることを連絡しておくね」

どうでしょう?

では、発表します。この流れで考えられる設問は、

パターン1 レストランについて言えることは? :営業時間が変わった

パターン2 男性は午前中に何をする?     :電話をかける

パターン3 女性は次に何をするか?      :同僚に話をする

すごく典型的です。

パターン1の選択肢が「文」なので、ちょっと難しいかも知れません。

パターン4 彼らはどこにいるか?  :In an office

みたいな設問もよく使われます。

こうやって、典型的な会話にていねいに接する回数を増やせば、TOEIC国にどんどんなじんでいきます。

■パート4

こっちも、よくあるトークがほとんどでした。

経営者向けのセミナーを切り取ったもの。集客力アップのマーケティング戦略がテーマでした。「新聞などにチラシを入れて、クーポンを付けたらどう?」という提案がなされていました。

あ、クーポンと言えば・・・(最後に書きますwink

ほか、経費削減に取り組んでいる会社内の会議で、話者が「紙の使用量を減らすことには成功した」と言っていました。

(アルクのような会社だと紙の使用量を減らす努力を本気でやればかなり減りそうですね)

■パート5

個人的にビックリした問題が出ました。

he did nearly ------- to do ...

そんな形でした(微妙に変えてあります)。

everything が正解。「できることは、ほぼすべてやった」という内容ですね。

ところが、all が不正解の中にあったのです。英文を「ほぼすべて」と訳して考えると、区別できないですよね。ボクは everything が正解であると判断できますが、all が不正解である説明をきっちりとはできないです。

「he did nearly all to do」という形の英語を聞いたことがない。見たこともない。

文脈しだいでは、nearly all を使えるのは明らかです。(インターネットで調べてみてください)

これを見てください。

She talks as if she knows everything.(彼女は何でも知っているかのように話す)

この everything は、特に境界線の定まっていない「何でも」ですね。

では、all を入れるとどうなるか?

She talks as if she knows all.

これはダメです。めちゃくちゃ気持ち悪い。え? 彼女は all を知っているかのように話す、って、一体どういうことだよ、と感じませんか。「何のすべて」を彼女が知っているのか?

境界線が欲しくなりますgawk

■パート6

ここには異変はなかったです。とっても標準的なパート6でした。

■パート7

今回、ボクはリーディングセクションが始まったとたんにパート7に取り組みました。

精神的なゆとりがあるうちに長文読解に取り組めば、「焦りゼロ」で解答できるので、正答率が高くなるのではないか、という実験でした。

ほぼすべての受験者は、どんな順番で取り組んでも、結局は「後半10分」で焦るわけです

であれば、その焦りモードに突入しているときに長文読解と戦うのと、パート5の短文穴埋め問題と戦うのを比較すれば、心の安寧を保てるのは後者ではないだろうか。

それを体験してきました。その結果はチャレンジブロガーのTOMAKIさんのブログにコメントとして書きましたので、ぜひ、お読みください。

■おまけ

今回の受験で得た最大の収穫は、「飛行機が遅れたこと」です。1月14日の月曜日。関東地方は大雪snowだったようですね。

ボクたちのグループのうち、羽田に戻ることになっていた人のうち、ほぼ全員のフライトは「欠航」か「遅延」となりました。

TOEIC国における「遅延」の理由。覚えていますか。

1 悪天候 → モロです。

2 機体到着の遅れ → 羽田から来るべき機体が来なかったです。

3 エンジンの点検 → はい、点検してください。

TOEIC国における飛行機遅延の「三大理由」すべてが那覇で起きました。

さらに・・・滑走路にある鳥の死骸を除去という理由での遅延もあり → いや~、それは出題されない。

で、ですね、「3」を体験したKさんという女性は、なんと、「食事券」を獲得したのです。A meal coupon ですよ!

TOEICを受験したことで、初めてその存在を知った、空港で配布されるクーポン券。

それを得た彼女は、感動したと言っていました。

事の顛末は彼女のブログをご覧ください。幻のミールクーポンの実物を見ることができます。

____________________________________

ヒロ前田コーチのTOEICリポート、いかがでしたか。TOEIC受験していない人でもリポートを読んでTOEIC国に馴染んでくださいねhappy01

㌧子

※リポート中の注と顔文字は編集部で加えました

« [TOEICチャレンジ]目指せTOEIC900点!TOMAKIさんから、ヒロ前田コーチへの質問 | トップページ | ★英語学習はタイミング★年の始めは最高の時 »

TOEIC」カテゴリの記事

キクタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/48867203

この記事へのトラックバック一覧です: [TOEICチャレンジ]ヒロ前田コーチのTOEICリポート☆第177回テストについて:

« [TOEICチャレンジ]目指せTOEIC900点!TOMAKIさんから、ヒロ前田コーチへの質問 | トップページ | ★英語学習はタイミング★年の始めは最高の時 »