« [TOEICチャレンジ] あと1カ月!目標スコア860点そらさんへの処方箋 | トップページ | [TOEICチャレンジ] ヒロ前田コーチが教える試験直前の心得~2週間前~ »

2013年2月21日 (木)

[TOEICチャレンジ] あと1カ月!目標スコア900点TOMAKIさんへの処方箋

みなさんこんにちは。PRのトン子です。
3月17日のTOEICテストに向かって学習する「TOEICチャレンジ」企画、いよいよ本番のテストまであと1カ月となりました。
そこで今回は、ヒロ前田からラスト1カ月の学習の進め方をアドバイス。
TOEICのスコアアップを目指す皆さんも、650点、860点、900点各レベルを目指すブロガーさんへの処方箋を参考にして頑張ってくださいね。
今回は900点突破を目指すTOMAKIさんへの処方箋です。
12月から始まったチャレンジの間に、カプセルホテルでひとり英語合宿hotelを行ったり、お仕事ではニューヨークに出張airplaneしたりと、変化に富んだ毎日のTOMAKIさん。
忙しい毎日のなかでも着々と学習を進めています。
「TOEICのスコアアップとともに、総合的な英語力もアップしたい」というTOMAKIさんに前田コーチは2つの英語力アップコースを伝授しました。

目標スコア900

TOMAKIさんへの処方箋

3月17日の試験が初めての公開TOEICテストになるTOMAKIさん

ヒロ前田コーチから「TOEICコース」と「趣味コース」、2通りの学習アドバイス!

Hiro_fire_2 「キクタン」も「1日3分」も順調にこなし、「スーパー模試」も予想スコア980点レベルですから、この後は、実力を「TOEIC向けにチューニングする」ことで、本番でフルパワーを発揮する準備を整えることが大切です。ただ、それをしなくても、設定した900点には届きそうですね。

ですので、以下、2つのケースに分けましょう。「TOEICコース」と「趣味コース」です。

1 もし、本番で950点前後を取ったら「990まで取ってやる」と思うならば・・・

「TOEIC向けにチューニングする」ことをお勧めします。というのは、英語の力が高くても、それを試験本番でフルに発揮できないことがあるからです。具体策としては、紙の模試を使うことです。「新公式問題集」だと物足りないはずですから、「究極の模試600問」のTEST 2と(特に)TEST 3を推奨します。少し負荷が高く、TOEICというか、試験ならではの「いやらしさ」を体験できます。(TEST 1は負荷は軽いのですが、巧妙なワナを仕掛けてあるので、テスト対策としては有効です)

おそらく、正答率は90パーセントを超えるはずですが、どうしてミスが起きたのかに注目して復習するとテスト仕様の脳みそを作れます。(望まないかも知れませんが)

これは、いわゆる「テクニックを学ぶ」ことではありません。持っている英語力を正しく試験でスコアに反映するための臨時措置です。何も心配(?)いりません。

2 もし、本番で950点前後を取ったら、それ以上は特に目指さないならば・・・

英語力を定義するのは簡単ではないと思いますが、TOEICのスコアがあらわすのは、試験形式を守って、ルールのあるリングで戦ったときに出る成績です。つまり、それをもって英語力だと定義することはできません。たとえば、速く読む力や、商談を英語でする力、映画を英語で楽しめるだけの力、など、いろんな意味での英語力が存在すると思われます。もし、とても関心のある好きな分野があれば、それに思い切り没頭することをお勧めします。

例えば、ブログで触れていた映画であれば、英語字幕を画面に出すことができるはずですから、それを利用しつつ、あるシーンのセリフを俳優さんとソックリ言えるように練習するとか、すでにストーリーを知っている映画であれば日本語字幕を消して(または、同時に英語字幕を出して)、毎週5回同じものを観賞するとか、そのように「何かに漬かる」体験をすると、かなり強い英語力が身についていくと思います。もちろん、1ヶ月だけやればOKというものではありませんが、英語とは長いつきあいになるでしょうから、チャレンジしてみることをお勧めします。

または、TOEIC SWテストを受験してみることもいいかも知れません。「テスト」が人間の力を測定するには限界がありますが、だからといって、じゃあ満点を取れるかといえば、そんなに簡単なものではありません。SWテストを受験すると、純粋な英語力以外に、「英語で何かタスクをこなす」力の不足に気づかされる可能性が高いです。それを1つのきっかけに、さらに英語学習に弾みがつくのではないでしょうか。1年後にまた受け、SWとLRをあわせて1390点を目標にがんばれば、それこそ、本物の力を持つ証明になると思います。

楽しいことを優先する。それを英語でやる。How?(どうやって)ではなく、How much did you do it?(どれだけたくさんやったか?)が成果をもたらします。ボクも続けます。

___________________________

留学経験があり、英語力の高いTOMAKIさんへのアドバイス、いかがでしたか?

「まだまだTOEICの目標スコア相当の英語力を身に付けることで手いっぱい」という方も、長期的な視野でご自身の英語学習を考える助けになるアドバイスではないでしょうか?

さて、TOMAKIさんは「TOEICコース」と「趣味コース」、どちらのコースを選んだのでしょう?

答えはTOMAKIさんブログでご確認ください!

« [TOEICチャレンジ] あと1カ月!目標スコア860点そらさんへの処方箋 | トップページ | [TOEICチャレンジ] ヒロ前田コーチが教える試験直前の心得~2週間前~ »

TOEIC」カテゴリの記事

キクタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/49553019

この記事へのトラックバック一覧です: [TOEICチャレンジ] あと1カ月!目標スコア900点TOMAKIさんへの処方箋:

« [TOEICチャレンジ] あと1カ月!目標スコア860点そらさんへの処方箋 | トップページ | [TOEICチャレンジ] ヒロ前田コーチが教える試験直前の心得~2週間前~ »