« ★【スピーキング大作戦!】まさまささん後半カリキュラム(発音と会話練習量を飛躍的に改善) | トップページ | ★【スピーキング大作戦!】seinaさん後半カリキュラム(文法強化、即使えるシンプルフレーズ増強) »

2013年8月 9日 (金)

★【スピーキング大作戦!】sigeoさん後半カリキュラム(課題はとにかくリスニング!)

≪sigeoさんの後半の追加教材≫

7008151



7001321



Okineru




   ▼sigeoさんの前半のカリキュラムはコチラ


≪sigeoさんへの処方せん≫

前半の学習で、会話にかなりの進歩が見られたsigeoさん。

最初は、間違わないように慎重に言葉を選んでいたので、長い沈黙がありましたが、今は間違いを恐れずに堂々と話されています

sigeoさんは、相づちやつなぎ言葉をどんどん活用されているため、瞬発力が大きく伸びました

また、発音がきれいで聞き取りやすく、カタカナ英語のような発音になっていないのが素晴らしいです。

●会話力
後半は、sigeoさんお気に入りのアプリ「スティーブの英会話なるほどフレーズ100」で、引き続きすぐに使える表現を増やしていきましょう。

そして会話の中で使いこなせるように繰り返し練習していただきたいため、「なるほどフレーズ100」からNo.1~No.50の「なるほどフレーズ」を素材としてピックアップした『英会話なるほど練習帳』を併用しながら復習してください。

『英会話なるほど練習帳』では、学んだフレーズを基に自分の言葉を使って文章を作るコーナーもありますので、1文ではなく、違う言い方で2~3の文章を書いてみるのもよいでしょう。

また、練習帳を持ち歩きたくないときは、アプリの逆引きインデックスを使って、青字の日本語フレーズを英語で言う練習をしたり、お気に入りに入れて何度も練習したりすると一層効果的です。

●リスニング
バーチャル英会話教室のレッスンを通して、自分が特に苦手と感じるスキルがさらに明確になったことと思います。
リスニングをさらに伸ばしたいとのことですので、引き続き「アルクの旅行英会話ミニフレーズ」を使ってリスニング練習を行いましょう。

●語彙
語彙を増やすのにおすすめしたいのが、「日常会話表現―起きてから寝るまで英語表現」 というアプリです。こちらで、まずは日常生活の基本語彙を補いましょう。

●発音
『リピートで鍛える英語の耳と口 初級編』さらに発音に磨きをかけてください。音読練習を何度も繰り返すことによって、口の筋肉が鍛えられますし、正しい発音を知っていれば、今後リスニング力もぐんとアップすると思います。

音読練習では、リズムやイントネーション、また Can you を「キャニュー」と発音するなど音の連結や変化に注意しましょう。


≪学習の進め方≫
『リピートで鍛える英語の耳と口 初級編』を使って毎日10分発音とリスニングのトレーニングをしましょう。

「日常会話表現―起きてから寝るまで英語表現」 の単語を毎日10分リピートして覚えましょう。

「スティーブの英会話なるほどフレーズ100」を毎日10分、フレーズを2つ~3つ覚える。そして書籍『英会話なるほど練習帳』を併用しながら復習し、まずは最初の50フレーズを使いこなせるようにする。
「スティーブの英会話秒エクササイズ」を引き続き毎日1日分こなし、後半で20日間のプログラムをあと2回りほどやる。

・引き続き「アルクの旅行英会話ミニフレーズ」をリスニングの練習に用います。内容が分かっている会話を何度も繰り返し聞きましょう。

バーチャル英会話教室(日常英会話コース)
→好きなトピックを48項目の中から選んで、週1回受講し、レッスンの前に30分間テキストの予習と準備、レッスン後に30分間復習しましょう。

→後半は、いろいろな先生のレッスンを受講してみましょう。

« ★【スピーキング大作戦!】まさまささん後半カリキュラム(発音と会話練習量を飛躍的に改善) | トップページ | ★【スピーキング大作戦!】seinaさん後半カリキュラム(文法強化、即使えるシンプルフレーズ増強) »

英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/52795191

この記事へのトラックバック一覧です: ★【スピーキング大作戦!】sigeoさん後半カリキュラム(課題はとにかくリスニング!):

» 英語を書き取る練習 [英会話独学のヒント]
◇英語のディクテーション◇ディクテーションとは、聞き取った英語を書き取っていくトレーニング方法です。このディクテーションで重視されているのは、英語の意味を捉えることよりも、発音を正確に聞き取ることです。具体的なトレーニング方法は、紙と筆記用具を用意し、英語の音声教材を流します。センテンスの区切りで音声をストップし、今聞いた英語を紙に書き取ります。書き取り終えたら、続きの音声を流し、またセンテンスの切りの良いところで音声を止め、聞き取った英語を書き取ります。これを繰り返します。..... [続きを読む]

« ★【スピーキング大作戦!】まさまささん後半カリキュラム(発音と会話練習量を飛躍的に改善) | トップページ | ★【スピーキング大作戦!】seinaさん後半カリキュラム(文法強化、即使えるシンプルフレーズ増強) »