« ★バレンタインギフト★「究極リスニングVol4」の1レッスン | トップページ | ◆短い文を身体で覚えるとイイコトが!:実践編 »

2014年2月15日 (土)

◆短い文を身体で覚えるとイイコトが!:「英語脳」への道

英語学習マスターコーチ、松本秀幸です。

英語が使えるようになるために必要なことの一つに、「短い文をたくさん身体で覚える」=短文インストール)ということがあります。

そう言うと、「とりあえず何でも丸暗記すればいいってことですか?」とよく聞かれます。

実は、やるべきことは簡単な短い文をひたすら覚えて何とか思い出すという丸暗記ではないのです。

英語脳の3要素、つまり「文法」、「発音」、「ボキャブラリー」の要素をきちんと含んだ文を身体で覚えることです。

身体で覚えるために、リスニング、音読、オーバーラッピング、シャドーイング、瞬間サク文で英語が反射的に出てくるまで反復練習します。

そのための学習素材はいろいろあるのですが、私は「究極の英語リスニング」シリーズをお薦めしています。

「どのようにトレーニングするか」も大切ですが「どのような短文の素材でトレーニングするか」も大切です。

私が英語を学習していたときには「話すための英文法」シリーズを使っていました。今から25年前の話です。

今では良い学習素材がいろいろあるのでどれにするか悩みますが、iPhoneをお持ちでしたらアプリ「究極の英語リスニング」シリーズの活用が理にかなっていると思います。

理由は4つあります。

◆1)アプリはいつでもどこでも学習できる
CDをiTunesに取り込んでiPhoneに音声データを転送したり、荷物になる本を持ち歩く必要がありません。

◆2)ストーリーがあるので覚えやすい
前に、短文を文法項目ごとに集めた学習素材をお客様にお薦めしていて困ったことがあります。
つながりのない文が集まっているだけなので覚えにくいというのです。
「究極のリスニング」シリーズのように、一つ一つの文がつながって簡単なストーリーになっているものだと記憶に残りやすいので効果が上がります。

◆3)使われる単語のレベルが決まっている
「究極の英語リスニング」シリーズに使用される単語はSVL12000(Standard Vocaburaly List:日本人に必要な単語をレベル別に分けている)に基づいています。

Vol.1は日本人が学ぶべき最初の1,000語で書かれています。
さすがに1,000語レベルならば知らない単語は少ないはずです。
単語が難しすぎてわからないということはないでしょう。

また1,000語でも、十分な英語が話せたり書けたりすることがよくわかります。

Vol.2は2,000語レベル
Vol.3は3,000語レベル
Vol.4 は6,000語レベル
と少しずつレベルアップしていくことができます。

◆4)アプリは書籍版よりも安い。
アプリは書籍より低予算で購入することができますので、スマホユーザーであるなら使わない手はありません。また書籍と違って、セールも行われますので、賢く活用したいですね。

ソチ五輪で活躍している選手も初歩のレベルからコツコツ努力をしていったはずです。

短文インストールすることが英語脳をつくる、そんな英語ができるようになる強力な一歩を「究極の英語リスニング」のアプリで踏み出しましょう。

次回は「究極の英語リスニング」を活用した実際のトレーニング方法をご紹介します。

« ★バレンタインギフト★「究極リスニングVol4」の1レッスン | トップページ | ◆短い文を身体で覚えるとイイコトが!:実践編 »

uListening」カテゴリの記事

セール」カテゴリの記事

ボキャブラキング」カテゴリの記事

学習情報」カテゴリの記事

英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/54993276

この記事へのトラックバック一覧です: ◆短い文を身体で覚えるとイイコトが!:「英語脳」への道:

« ★バレンタインギフト★「究極リスニングVol4」の1レッスン | トップページ | ◆短い文を身体で覚えるとイイコトが!:実践編 »