« 終了:スマホで英会話★新刊『なるほど練習帳』から5レッスンプレゼント(アプリ購入特典) | トップページ | ◆スマホ活用法:英会話アプリの選び方2 »

2014年7月19日 (土)

◆スマホ活用法:英会話アプリの選び方1

こんにちは。英語学習コーチ松本秀幸です。

突然ですが、皆さん、英会話の練習はどんな感じでしてますか?

会話の場合は、意識して継続的にインプットとアウトプットをしないとなかなか上達が感じられません。

でもコツコツトレーニングを続けていくと、いずれ結果が見えてきます。

今回は英会話のトレーニングに効くアプリを紹介しますね。

 

一口に「英会話アプリ」と言ってもいろいろな種類があります。

選び方のコツのひとつは「書籍がアプリになったものを選ぶ」です。

なかなか面白い仕組みのアプリも多いのですが、英文の質が良くない場合があります。

その点書籍をアプリにしたものでしたら、内容的には安心なものが多いです。

さらに、アプリは書籍に比べて「文字と音声を連携させた学習がしやすい」「いつでも使える」「安い」といったメリットがあります。

それでは4つの英会話アプリを2回に分けてご紹介します。まずは前編。

 

☆「絵で見てパッという英会話トレーニング【基礎編】」 (学研) (アプリ:Scene1のみ無料、完全版1,000円)

この本を書店で見たときに、「これのアプリ版が欲しい」と思いました。

「場面のイメージ」と「状況」が設定されており、そこで英文を話すトレーニングをします。

1__secne1

1.イメージと状況から英文を作ります。

_

2.答え合わせをして習熟度(まだまだ、もう少し、覚えた!)を分類します。

3_ok

3.問題一覧で回答までの時間を確認したり、習熟度別に復習したりできます。

__2

【海外旅行編】もあります。

 

☆「英会話日常表現大辞典」 (Waterbear Soft Japan Inc.)(アプリ:400円)

これの書籍版を書店で見た時に、「すごいけど、重そう。アプリになったら試してみよう。」と思いました。

英会話の主だった表現がほぼカバーされているのではないかと思います。

このアプリの素晴らしいところは「音声も入っている」、「検索ができる」、「軽い」です。

一番の魅力は「検索ができる」ということです。

書籍の場合は適切な表現を見つけるのにページをめくったりするのに時間がかかることが多いです。

その点アプリならば、検索機能を使って一発で表現を見つけることができます。

例えば「お時間ありますか?」ということを英語で言おうとしたときに表現が出てこないとしましょう。

そんな場合は「お時間」で検索してみます。

すると「お時間」フレーズの検索結果が表示されます。その中から必要な文を選んでいけばよいのです。

Photo

簡単でしょ?

検索は日本語ばかりではありません。英語で「この単語はどんな使い方があるのかな?」と思った時は、その英語を入力して検索しましょう。

例えばTOEIC®テストでもよく出てくる"due"。どんな使い方があるかを確認できますね。

6_due

大辞典が手のひらにあるメリットはすごく大きいのです。

« 終了:スマホで英会話★新刊『なるほど練習帳』から5レッスンプレゼント(アプリ購入特典) | トップページ | ◆スマホ活用法:英会話アプリの選び方2 »

TOEIC」カテゴリの記事

uListening」カテゴリの記事

アプリ活用法」カテゴリの記事

キクタン」カテゴリの記事

ボキャブラキング」カテゴリの記事

英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733357/56824545

この記事へのトラックバック一覧です: ◆スマホ活用法:英会話アプリの選び方1:

« 終了:スマホで英会話★新刊『なるほど練習帳』から5レッスンプレゼント(アプリ購入特典) | トップページ | ◆スマホ活用法:英会話アプリの選び方2 »